じゅーきーずほーむ

ようこそ~管理人は、すー(jukie)です。アメリカ人の夫痔霧とニャンズと岩手県久慈市で2012年3月からくらしはじめました。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールズ・R・ジェンキンス

2006.05.20 (Sat)

20060520022837.jpg

http://www.kadokawa.co.jp/sp/200509-02/

とってもベタな本読みました。
なんとなく内容がわかる気がしない??でも読みたくなる本。
読みながら今までニュースで報道された事を思い浮かべながら検証する形で、読みました。

読んだ感想は~彼は、曽我ひとみさんと結婚ができて人生幸せになったんだなって思ったかな~彼女無しでは、彼の人生は、牢獄のまま終わってしまったはず。
 自分がやってしまった罪をを認めて反省し、でも脱走がなければ曽我さんにも会えなかったことから~自分のやってしまった事も否定できない自分の運命だったと
かいてたけど~そのとおりかな~40年間も北朝鮮にいたらその人生も否定できないよね。
91歳の自分の母親にもあいにいけたこと~長女の娘さんのほうが、北朝鮮の言うことを頭から信じた人で、、最後まで北朝鮮からでたくなかったそぶり~など、、やっぱりな~と思ったり。そんなで、、この本読んで結構真実が書かれてるな~って思いました。
 読めてよかった。知ってよかった。

そろそろ北朝鮮の国民の人たちいろんなことに気づいてほしいな~どこまでいくんだろうあの国は!!


告白
告白
チャールズ・R・ジェンキンス (2005/10/08)
角川書店

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

no title

v-132ひなさん

本読むと~ほんとのことだったんだなぁ~って思うよ。拉致ってありえないよね。それも日本人だけじゃないってところがすごいと思う。
 彼のドキュメンタリー番組もあったみたいね。みてみたかった。かな~

ほんとに解決して欲しいよね。まってる家族の人が高齢だもんね。あわせてあげたい。あの横田めぐみさんとくにね~

本が出たんだ!!

こういう生の声って貴重よね?
でも、未だに解決されてない問題が多くて・・・。
いつになったら、拉致された方々は自分の国に帰れるんだろう・・・。ご家族も高齢になられてるし、テレビや新聞を通じて見てる私の方が胸が痛くなります(涙)
拉致なんて、絶対あってはならない犯罪なのに・・・。
運命という文字で解決したくない現実よね?
少しはいい方向に進んでいるのかしら??
時間ばかりが虚しく過ぎていくばかりだよね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

すー

  • Author:すー
  • PROFILEボストン、ハワイ、カルフォルニア生活を終了して、、日本へ帰ってきました。今年2012年から岩手県久慈市での生活です。

ぶろぐめにゅう

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Event

★4/4~4/15/2006手鬼沙棲軍団カリにきた!!


★12/15/2005満月祭り

★2004年8月なつかしのクロエちゃんお留守番日記(*゚▽゚*)

まいくりっぷ

りんくりすと


クックパッド

TVまとめ

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。